★マットレス *2007.09.16*
 ドイツではマットレスのことを futon(フトン)という。

★ついたて(豆) *2007.09.16*
 ポルトガルではついたてのことをbiombu(ビョーブ/屏風)という。

★ウェディング *2007.09.16*
 wed は元来賭けをするために支払うお金。花嫁をもらう時、保険金を支払う
西洋の習慣があった。wedding は約束する、誓う、結婚式という意味。
★いんげん(豆) *2007.09.16*
 江戸時代中国の隠元(インゲン)という人が、これを伝えたことによる。

★ボーロ *2007.09.16*
 ポルトガル語で「焼き菓子」という意味。焼き菓子全般をボーロという。

★スパ *2007.09.16*
 ベルギーに spa という村があり、これがスパ(温泉)の語源となった。

★オジヤ *2007.09.16*
 スペイン語で olla(オジャ)。なべ。

★ジョーロ *2007.09.16*
 ポルトガル語で jollo(ジョロ)。噴出、ほとばしるという意味。

★料理用語「あたる」 *2006.09.16*
 料理では「擦る(する)」という言葉は不吉な イメージがあるため、昔から使用を避け、
  「する」=「あたる」
と言葉を置き換えてきた。 その結果、
  「さんまをよく擦る」→「さんまをよくあたる」,「するめ」→「あたりめ」
というようになった。
類語
@がんにしてゆでる。
 がん(丸)とは、丸くすること。
Aすいじをつくる。
 すいじ(吸地)とは、お吸い物の ベースのこと。
B千六本
 中国語で「繊ろうば」=「細切り大根」の意で、 マッチ棒くらいの大きさにすること。
★バドミントン *2006.08.09*
 イギリスのバドミントン(Badminton)村で、このスポーツが行われて いたことからこの名がついた。しかし、これは1820年代にインドのプーナで行なわれて いたプーナ(Poona)という遊びを、イギリス兵士が1873年にここで伝えたのが始まりと されるようである。
★Bath *2006.08.09*
 ロンドンから西に 100 マイル程行ったところに Bath という温泉 が出る町がある。ここがお風呂(Bath)の由来となった。
★ウオール街 *2006.08.06*
 350年前、ここが小さな村だった頃木の柵で囲われていました。 その後、木の柵が壁(Wall)に替わり、ここがウオール街と呼ばれる よいになりました。
★タイムズ・スクエア *2006.08.06*
 かつてこに「NewYork TIMES 社」があったことから、この名前が付きました。
★ナイアガラの滝 *2006.08.06*
 「ナイアガラ」は現地の言葉で「雷のように落ちる水」という意味です。 また、著名人が新婚旅行に数多くここを訪れたことから、今では新婚旅行 のメッカとして知られています。
★エジプト人 *2006.03.31*
 「エジプト人」とは現地の言葉で「ナイル川の水を飲む人」という意味です。
★伊集院光 *2006.03.31*
 この本人と似ても似つかない名前は、本人が自分を似ても似つかないものとイメージ させるために苦肉の策としてつけたものです。彼は当初(売れない)落語家だったのですが、 師匠に内緒でアルバイトをするために、自分とバレナイようにこの名前をつけたのです。 ラジオのしゃべりバイトが以外にもヒットして、この名前の方がメジャーになってしまった ため、本人の思惑とははずれたこの名前が世に浸透してしまったのです。
★町(まち)と町(ちょう) *2006.03.31*
 大手町(おおてまち)、板橋本町(いたばしほんちょう)といった具合に「町」の発音が異なり ます。これは、旧武家屋敷のあったところを「まち」と発音し、そうでないところを「ちょう」 と発音するのです。従って、町内会(ちょうないかい)、町奉行(まちぶぎょう)などもその一例 です。