■split
 "文字列" の分断化
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   @b = split /パターン/, $a, 上限値 ;   # 分割数の上限値を指定
   @b = split /パターン/, $a ;
   @b = split /パターン/ ;         # 特殊変数 $_ が対象
   @b = split ;               # $_ の全ての半角スペース及び
                          改行文字 \n が削除される
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ※1. / / は汎用型の m/ / や正規表現の " " や qr/ / でも可。
 ※2.「半角スペース」を " " で定義すると特別な働きをする。
 ※3. パターンマッチ式よって「区切り文字」を指定する。正規表現による指定も可。
 ※4. split の結果を変数に引き継ぐと、その分割数を引き継ぐ。
 ※5. 変数 $a の部分に直接 "数値・文字列" をかいてもよい。
 ※6. split 以降を全て省略した場合は、特殊変数 $_ に対して半角スペース文字区切りを行う。
    またこの場合に限ってデータ内の改行文字 \n は全て削除され、削除後の空文字 "" をつくらない。
 ※7. 半角スペースを " " で定義すると、split のみの場合と同様の働きをする。
    すなわち半角スペースのほかに改行文字 \n をも削除し、かつ削除後に空の文字 "" をつくらない。
    これは " " のときだけの特別な命令。
 
 ■join
 "文字列" の結合
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   $b = join "結合文字", @a ;        # 配列要素の結合
   $p = join "", $a, $b, $c, ・・・ ;     # 複数の文字列の結合
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ※1. join の逆変換は split ですが、join は正規表現とは全く関係ありません。
 ※2. 結合文字はクオート " ", ' ' で定義する。
 ※3. 結合文字を空文字 "" で定義した場合は、全ての配列要素はくっつき1つの文字列になる。
 
 ■length
 "文字列" の長さ(文字数)
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   $b = length $a ;
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 ■chop
 "文字列" の最後の "文字" を削除
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   chop $a ;
   $b = chop $a ;       # 削除した文字を返す
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ※1. 数値の場合は最後の数字を削除する。
 
 ■substr
 "文字列" の追加・置き換え・部分取得
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   substr ($a, n, 0) = "文字列" ;     # n 番目に文字列を追加
   substr ($a, n, length) = "文字列" ;  # n 番目以降 length 値分の文字列を置き換え
   $a = substr ($a, n, length) ;      # n 番目以降 length 値分の文字列を取得
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ※1. length 値を省略した場合は、n 番目以降全ての文字列が対象となる。
 ※2. n を負とした場合は末尾から先頭方向に個数を数える。
 ※3. length 値を負とした場合は - length 値の分だけ文字が残るように数える。
 
 ■index, rindex
 "文字列" の位置
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   index $a, "文字列" ;       # $a 内の最初の "文字列" の位置を返す
   index $a, "文字列", 開始番号 ;  # "文字列" 検索を開始番号以降に限定する
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ※1. rindex(reverse index)は $a 内の最後にある "文字列" の位置を返す。
 ※2. $a 内に "文字列" が1つしかない場合は、index と rindex は同じ値を返す。
 ※3. 先頭文字列は "0" を返し、見つからない場合は "-1" を返す。
 ※4. 全角文字は 2 と数える。