P.130
例1:「絶対数値」

if (-1) {print "これは負の数です。 \n"} if (0) {print "これは零です。 \n"} if (1) {print "これは正の数です。 \n"}
<実行結果> これは負の数です。 これは正の数です。
P.131 例2:「絶対論理」
if (2 > 1) {print "2 は 1 より大 \n"} if (2 == 1) {print "2 は 1 に等しい \n"} if (2 < 1) {print "2 は 1 より小 \n"}
<実行結果> 2 は 1 より大
例3:「文字列」
if ("無") {print "絶対真理"} if ("") {print "虚の真理"}
<実行結果> 絶対真理
例4:「数値比較」
$n = 75; if ($n >= 60) {$d = "合格"} if ($n < 60) {$d = "不合格"} print "$dです。";
<実行結果> 合格です。
P.132 例4:「文字列比較」
$a = "Dulcy"; $b = "Cathy"; if ($a gt $b) {($a, $b) = ($b, $a)} print "$a $b の順番です。";
<実行結果> Cathy Dulcy の順番です。
例5:「条件否定」
$n = 55; if ($n >= 60) {$d = "合格"} if (not($n >= 60)) {$d = "不合格"} print "$dです。";
<実行結果> 不合格です。
P.133 例6:「論理積と論理和」
$n = 75; if ($n >= 80 and $n <= 100) {$d = "優秀"} if ($n >= 60 and $n < 80) {$d = "及第"} if ($n < 60) {$d = "不合格"} if ($n < 0 or $n > 100) {$d = "入力ミス"} print "「$d」です。";
<実行結果> 「及第」です。
例7:「排他的論理和」
$mark = "☆"; $num = 3; if ($mark eq "☆" and $num == 2) {print "正解!"} if ($mark eq "☆" xor $num == 2) {print "片方正解!"}
<実行結果> 片方正解!
P.134 例:「条件補完」
$n = 75; if ($n >= 60) {$d = "合格"} else {$d = "不合格"} print "「$d」です。";
<実行結果> 「合格」です。
P.136 例:「点数の評価」
$n = 85; if (not($n >= 0 and $n <= 100)) {$d = "入力ミス"} elsif ($n >= 80 and $n <= 100) {$d = "優"} elsif ($n >= 60 and $n < 80) {$d = "良"} elsif ($n >= 60 and $n < 80) {$d = "可"} else {$d = "不合格"} print "「$d」です。";
<実行結果> 「優」です。
P.137 例:「数値比較」
$n = -50; unless ($n >= 0 and $n <= 100) {print "入力ミス!"} elsif ($n >= 60) {print "合格!"} else {print "不合格!"}
<実行結果> 入力ミス!