P.51
例1:「通常の変数名定義」

$class_01 = 38; $class_02 = 40; $class_01 = 39; $nen_1 = $class_01 + $class_01 + $class_01; print $nen_1;
<実行結果> 117
例2:「命令語を用いた変数名定義」
$print = 15 + 35; print $print;
<実行結果> 50
P.52 例1:「ダブル・クオートの場合の変数展開」
$ten = 98; $max = "最高得点は $ten 点です。"; print $max;
<実行結果> 最高得点は 98 点です。
例2:「シングル・クオートの場合の変数非展開」
$ten = 98; $max = '最高得点は $ten 点です。'; print $max;
<実行結果> 最高得点は $ten 点です。
例3:「シングル・クオートによるシンボル記号の表示」
print '変数 $a, 配列 @b, ハッシュ %c, サブルーチン &d';
<実行結果> 変数 $a, 配列 @b, ハッシュ %c, サブルーチン &d
P.54 例1:「qq による定義」
$a = qq 1"汎用クオート"1; $b = qq 2"展開"2; $c = qq 3$a の中でも、変数は $b されます。3; print $c;
<実行結果> "汎用クオート" の中でも、変数は "展開" されます。
例2:「q による定義」
$b = qq /"展開"/; $c = q /ただし 'q' によるクオート内では、変数 $a は $b されません。/; print $c;
<実行結果> ただし 'q' によるクオート内では、変数 $a は $b されません。
P.55
私のメールアドレスは、123\@abc.co.jp です。
<実行結果> 私のメールアドレスは、123@abc.co.jp です。
print "パソコンで、表示します。";
<実行結果> パャRンで、侮ヲします。
print " パ\ソ\コンで、\表\示します。";
<実行結果> パソコンで、表示します。
P.57 例1:「マーカーを EOF で定義」
$typeA = <<EOF; ** A を選んだあなた ** 今日のあなたはツイています。勉強に仕事に頑張りましょう。 ラッキーカラー:イエロー EOF print $typeA;
<実行結果> ** A を選んだあなた ** 今日のあなたはツイています。勉強に仕事に頑張りましょう。 ラッキーカラー:イエロー
例2:「マーカーを END で定義」
$math = <<END; ギリシャは数学の発祥の地であり、紀元前5〜3世紀にかけてその第1期 黄金時代を迎えます。"mathematics" という言葉も当時のギリシャ語からそ の由来が来ています。 END print $math;
<実行結果> ギリシャは数学の発祥の地であり、紀元前5〜3世紀にかけてその第1期 黄金時代を迎えます。"mathematics" という言葉も当時のギリシャ語からそ の由来が来ています。
P.58 例:「シングル・クオートによるヒアドキュメント」
$tenki = <<'END'; 天気を表す変数は $hare を "晴れ" $ame を "雨" とします。 END print $tenki;
<実行結果> 天気を表す変数は $hare を "晴れ" $ame を "雨" とします。
P.59 例1:「文字列の結合」
$asu = "明日は、"; $tenki = "晴れ。"; $yoho = $asu.$tenki; print $yoho;
<実行結果> 明日は、晴れ。
P.60 例2:「文字列の追加」
$asu = "明日は、"; $tenki = "晴れ。"; $asu .= $tenki; print $asu;
<実行結果> 明日は、雪。
例3:「文字列の結合 / クオート定義」
$tenki = "一面の白銀の世界となるでしょう。"; $kyo = "今日は、"; $yoho = "$kyo$tenki"; print $yoho;
<実行結果> 今日は、一面の白銀の世界となるでしょう。
P.61 例1:「文字列の繰り返し」
$pass = "合格! " x 5; print $pass;
<実行結果> 合格! 合格! 合格! 合格! 合格!
例2:「各種装飾罫線の作成と表示」
$k01 = "-"x 40; $k02 = "*" x40; $k03 = "* " x 20; $k04 = "= " x 20; $k05 = "-=" x 20; $k06 = "+=" x 20; $k07 = "∞" x 20; $k08 = "==/" x 13; $k09 = "⌒" x 20; $k10 = "★☆" x 10; $k11 = "■□" x 10; $k12 = "……‥‥・☆ " x 3; $k13 = "・゜★・。・。☆・。" x 2; $k14 = ":*~*:._." x 5; $k15 = "★彡☆彡" x 5; $k16 = "★ミ☆ミ" x 5; print "$k01 \n"; print "$k02 \n"; print "$k03 \n"; print "$k04 \n"; print "$k05 \n"; print "$k06 \n"; print "$k07 \n"; print "$k08 \n"; print "$k09 \n"; print "$k11 \n"; print "☆ $k12 \n"; print "$k13 \n"; print "$k14 \n"; print "$k15 \n"; print "$k16 \n";
<実行結果> ---------------------------------------- **************************************** * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = -=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= +=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+= ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ ==/==/==/==/==/==/==/==/==/==/==/==/==/ ⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒ ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ☆ ……‥‥・☆ ……‥‥・☆ ……‥‥・☆ ・゜★・。・。☆・。・゜★・。・。☆・。 :*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._. ★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡 ★ミ☆ミ★ミ☆ミ★ミ☆ミ★ミ☆ミ★ミ☆ミ
P.65
$a = "123" + "456";⇒ $a = 579; $a = "123" + 456;⇒ $a = 579; $a = "123" + abc;⇒ $a = 123; $a = "123" + "番号"; ⇒ $a = 123;
P.66 $a += 20⇒$a = 30; $a /= 2 ⇒$a = 5; $a -= 20⇒$a = -10;$a %= 3 ⇒$a = 1; $a *= 5 ⇒$a = 50; $a **= 2⇒$a = 100;
P.67 例1:「初期値(数値)」
$a += 5; print $a;
<実行結果> 5
例2:「初期値(文字列)」
$tenki .= "晴れるでしょう。"; print $tenki;
<実行結果> 晴れるでしょう。
P.68 例1:「sin 60°の値」
$deg = 60; $pi = atan2(1,1) * 4; $x= $deg*$pi/180; $sx = sin $x; print "sin $deg°= $sx";
<実行結果> sin 60°= 0.866025403784439
P.69 例2:「√2 の値」
$a = 2; $root = sqrt $a; print "√$a = $root";
<実行結果> √2 = 1.4142135623731
例3:「絶対値の値」
$a = abs 1 - 5/4; print "絶対値:$a";
<実行結果> 絶対値:0.25
例4:「整数化の値」
$a = 76.54; print int $a;
<実行結果> 76
P.70 例5:「e2 の値」
$a = exp 2; print "e**2 = $a"; <実行結果> e**2 = 7.38905609893065
例6:「log 10 の値」
$a = log 10; print "log 10 = $a"; <実行結果> log 10 = 2.30258509299405
P.71 例1:「0〜1 の乱数(実数)」
$a = rand; print $a;
<実行結果> 0.4114990234375
例2:「整数の乱数」
$r1 = int rand 10; $r2 = 1 + int rand 6; print "0〜9 の乱数:$r1 1〜6 の乱数:$r2";
<実行結果> 0〜9 の乱数:7 1〜6 の乱数:3
P.72 @ ++$a / 前 $a = 10; print ++$a, " $a";⇒ 11 11 A $a++ / 後ろ $a = 10; print $a++, " $a";⇒ 10 11 B --$a / 前 $a = 10; print ++$a, " $a";⇒ 9 9 C $a-- / 後ろ $a = 10; print ++$a, " $a";⇒ 10 9 P.73 例:「while によるループ処理」
$k = 3; while ($k--) {print "k = $k に対する処理 \n"}
<実行結果> k = 2 に対する処理 k = 1 に対する処理 k = 0 に対する処理 P.74 例1:「4桁カウンタ」
$a = "0000"; for (1..11) {print "a = $a \n"; ++$a}
<実行結果> a = 0000 a = 0001 a = 0002 a = 0003 a = 0004 a = 0005 a = 0006 a = 0007 a = 0008 a = 0009 a = 0010
例2:「英文字と日本語のインクリメント」
$a = "Ax", $b = "zx", $c = "aX", $d = "夏休み"; for (1..8) {print "$a$b$c$d \n"; ++$a; ++$b; ++$c; ++$d}
<実行結果> AxzxaX夏休み AyzyaY1 AzzzaZ2 BaaaabA3 BbaabbB4 BcaacbC5 BdaadbD6 BeaaebE7