HTML DTD (Document Type Definition)

■文書型宣言
 HTML 4.01 では全ての環境で同じ「見栄え」を実現するために、HTML 文冒頭に次の3つの何れかの DTD
(文書型定義: Document Type Definition)を記すよう求めています。

@厳密型(Strict DTD)
 非推奨となった要素や属性を含まず、またフレーム設定用の要素・属性をも含まない。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN"
        "http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">

A移行型(Transitional DTD)
 厳密型 DTDのすべての要素・属性に加えて、推奨しない要素や属性も含む。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN"
        "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">

Bフレーム設定型(Frameset DTD)
 移行型 DTD のすべてに加えて、フレーム用の内容を加えたもの。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN"
        "http://www.w3.org/TR/html4/frameset.dtd">

注1. EN は英語(English) の意味であるが、ベースになる基本書式が英語という意味である。

注2.最後の URL 部分を省略した簡易型 DTD もあるが、環境によっては(特に後半2つ)「見栄え」が正確に
反映しない場合があるため、通常は上記フルバージョンを用いた方がよい。

 簡易型 DTD
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN">
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN">


☆ 解説 ☆  HTML 4.01 の DTD は基本的に「厳密型」を用います。この「厳密」の裏返しは「曖昧さを許さない」という ことなので、各要素(命令タグ)の持つパラメータは省略設定(デフォルト)をせず、全てフルに記述する必要が あります。