回答1.正規表現で name: に続く文字、furigana: に続く文字、postal+code:
に続く文字、addres: に続く文字、tel: に続く文字を指定すれば、簡単に1行
単位で個人データを取得できます。

<実行結果>
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
馬場平成   ババヘイセイ   全日本区西側壱拾六問 1-16-521   001-002-003
猪木幹事   イノキカンジ   新日本区卍町鼓舞羅 2-8-8   002-003-004
武蔵形太   ムサシケイタ   巌流島区二刀町大字舟 54   951-248-0003
安堵福子   アンドフクコ   和蘭区編夢捨手新町 2-6-15-501   159-006-0325
小川直美   オガワナオミ   講道館区谷和原町 2-4-9-101   355-820-1955
橋木真也   ハシキシンヤ   三重市隠屋敷南新町 2-821   068-022-4128
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

<プログラム・リスト>
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
open F,"meibo1.txt";
while (<F>)
 {
  if(/name: /){$a = $'}
  $a =~s/\n/\t/;
  if(/furigana: /){$a .= $'}
  $a =~s/\n/\t/;
  if(/postal+code: /){$a .= $'}
  $a =~s/\n/\t/;
  if(/addres: /){$a .= $'}
  $a =~s/\n/\t/;
  if(/tel: /){$a .= $'} 
  push @b, $a;
  undef $a
 }
open W, ">kekka.txt";
print W @b;
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【投稿者より】
まるで意図していたものと同じものが、それも、簡潔なperlで書かれていて感動しました。
ありがとうございます。細部の解釈をこれから勉強してみます。
パールがCGIだけに使われると思っている人が多いと思うので、
本来のテキスト処理に便利な道具として、簡単に使える例が多いと助かります。

【管理者より】
 $' により、正規表現 /name: / 以降の文字列(行末まで)を取得します。
1人分を1行で定義するため、行末の \n を取り除かなければならないのですが、
各データ区切りをタブ区切り(\t)とするため、数学的には \n と \t のチェンジ
(置換)と同等です。
こうして得られた個々のデータを .= による文字列結合(後詰め)によって次々と定義
していけば、1行からなる1人分のデータを取得することができます。